ニュース

マテリアライズとEOSは、エアバスの新しい3Dプリント技術の導入に伴い、
PA-FRパーツを初めて供給

2021/06/15

AM装置の販売・保守 お知らせ

ルーベン(ベルギー) – 2021年5月11日。マテリアライズ(NASDAQ:MTLS)は本日、レーザー焼結技術を用いた航空機の実装部品の製造資格をエアバス社より取得したことを発表しました。 このプロセスでは、EOS社が製造する難燃性ポリアミド(PA 2241 FR)を材料として使用しています。 今回の開発により、マテリアライズとEOSは、エアバス社のプロセス仕様AIPS 03-07-022に基づいてレーザー焼結部品を製造することをエアバス社から認証された最初のサプライヤーとなりました。マテリアライズは、エアバス社が航空機の実装部品用に承認した2つの3Dプリント技術を提供することになります。

今回の認証は、エアバス社全体で有効であり、航空宇宙分野での樹脂3Dプリントの普及に向けた重要なマイルストーンとなります。PA 2241 FRは、マテリアライズからエアバス社に既に納めている Ultem 9085 を補完する費用対効果の高い3Dプリント材料です。エアバス社は、世界で2番目に多く使用されている3Dプリント技術であるレーザー焼結を導入することで、3Dプリントの用途を拡大しています。PA 2241 FRという素材に加えて、EOSシステムでこの素材を3Dプリントするための各プロセスも認証の対象となります。マテリアライズは、EOS P 770 を含むEOSシステムを活用して、エアバス社向けにPA 2241 FRの部品を製造する予定です。

PA 2241 FRパーツ(写真:Materialise)
EOS P 770(写真:EOS GmbH)

Bart Van der Schueren, Materialise CTO

マテリアライズのCTOであるBart Van der Schuerenは次のように述べています。「今回の成果は、エアバス社との長期的なパートナーシップを強固なものにするとともに、エアバス社とそのサプライヤーの新たな3Dプリントアプリケーションへの可能性を拡げることに繋がります。レーザー焼結は、最も広く使われている3Dプリント技術の一つであり、インターロックメカニズムなどの複雑なデザインを実現します。マテリアライズは、エアバス社にこの技術を提供する初のメーカーとなることを光栄に思います。」

今回新たに認証されたEOS PA 2241 FRは、難燃性のポリアミド12ベースの材料であり、レーザー焼結システムで使用されます。PA 2241 FRは、品質基準に達した高い再利用率で、航空機部品に求められる厳しい品質基準を満たし、費用対効果の高い生産を可能にします。代表的な航空宇宙用途としては、エアダクトやブラケットなどの航空機内装部品があげられます。この材料は、プライマーやトップコートを使用していない、火災、煙、毒性(FST)の要件を満たす部品に適しています。

Markus Glasser, Senior Vice President EMEA at EOS

EOSのCTOであるDavid K. Leigh氏は次のように述べています。「広範なテストプログラムを終えて、エアバス社内でEOS PA 2241 FRの材料とプロセスがグローバルに採用されることになり、大変誇りに思います。これはEOSの粉末と完成度の高いシステム、そして安定した品質の提供を示しており、産業用3Dプリンティングとポリマーや金属との関係性を強調しています。」

今回の認証はエアバス社におけるポリマーAM技術の展開において重要なマイルストーンとなります。マテリアライズとの協業は、数年前にA350システムにFDM技術が導入されたときに始まりました。長年のパートナーであるマテリアライズの新たな技術は、民間航空機やエアバスの他の部門で開発された製品への応用を可能にします。

マテリアライズは現在、エアバスA350向けに約100種類の部品の造形をしています。これはA350のエコシステム全体で年間26,000個の部品と推定されます。エアバス社はさらに、A320、A330、A340など、その他のエアバス機のプラットフォームにも部品を供給することが決まっています。そのためには、EOS社の産業用3Dプリント技術が重要な役割を果たしており、今後もその役割を担っていくことになるでしょう。

(写真:Materialise)

マテリアライズについて

Materialiseは、30年にわたる3Dプリントの経験を、さまざまなソフトウェアソリューションと3Dプリントサービスに反映させており、これらが一体となって3Dプリント業界の屋台骨となるバックボーンを形成しています。Materialiseのオープンで柔軟なソリューションにより、ヘルスケア、自動車、航空宇宙、アート、デザイン、消費財など、さまざまな業界のプレイヤーが、世界をより良く、より健康的な場所にすることを目的とした革新的な3Dプリントアプリケーションを構築することができます。ベルギーに本社を置き、世界中に支社を持つMaterialiseは、業界最大のソフトウェア開発者グループと、世界最大級の3Dプリント施設を兼ね備えています。
航空宇宙業界へ提供している詳細情報について mtls.me/aeroをご覧ください。

EOSについて

EOSは、産業用3Dプリント技術により責任ある製造ソリューションを世界中のメーカーに提供しています。1989年に設立された独立系企業であるEOSは、高品質の生産効率を、先駆的な革新と持続可能な実践に結びつけることで、製造業の未来を形成してきました。プラットフォームを中心とした機械のデジタルバリューネットワークと、サービス、材料、プロセスの総合的なポートフォリオを武器に、EOSはお客様のニーズを満たし、地球に対して責任ある行動をとることを約束します。

プレスコンタクト

Materialise

Kristof Sehmke

Email: Kristof.sehmke@materialise.be
Or press@materialise.com
Twitter: @MaterialiseNV
Visit: www.materialise.com

EOS

Martin Grebner
Press Officer
+49 89 89336-2264

Email: martin.grebner@eos.info

日本でEOS PA2241 FRの造形ができる企業

八十島プロシード株式会社について

神戸市に本社を構え、国内トップレベルの樹脂加工技術と最新の設備を保有する、スーパーエンプラを中心とした樹脂の加工、販売企業です。2010年に3Dプリント事業を開始し、EOS装置6台の他多岐に亘る3Dプリンターによりプラスαのある出力サービスを行っています。

事業内容

・高機能性樹脂部品の切削加工販売
・エンプラ、スーパーエンプラ素材販売
・3Dプリント出力
・3Dスキャニングサービス
・3Dデータ変換・作成サービス
・測定・検証サービス

八十島プロシード株式会社
兵庫県神戸市中央区港島南町3丁目2-11
https://yasojima.co.jp/

PAGE TOP